お葬式情報

今、岐阜市で直葬が選ばれる理由 ~直葬を選ぶ人の理由や費用、注意点について~

直葬プラン画像

直葬(ちょくそう)とは最も費用を抑えたシンプルなお葬式と言えます。
簡単に内容を説明すると、通夜式・告別式を執り行わないお葬式です。

この直葬を選ぶ理由は様々で、ご家庭ごとの事情もさることながら、経済的な理由というのも大きな割合を占めているようです。昨今ではコロナ禍に伴い、密を避けることを理由に敢えて小規模で執り行うことのできる直葬を選択肢のひとつとして考えている方も少なくないようです。

通夜式・告別式がありませんので、故人とのお別れは火葬炉の前で簡単な形で行われるケースが多く、僧侶(宗教家)も呼ばずに無宗教で執り行われることが多いようです。





CHECK


費用を安く抑えられ時短要素も強い直葬ですが、してやり直しのできない大切な方との最後のお別れですので、直葬を検討の際には慎重に考える必要があります。
無事に済んだと思った葬儀後に、煩わしい思いをしたり、苦言をされたりする場合もあるようです。
例えば菩提寺に黙って直葬を行った後に、代々のお墓への納骨を断られるケースや、故人の友人や知人といった仲間たちが最後のお別れを行う偲ぶことがままならず、その辛い想いを喪家にぶつけることもあるようです。

葬儀社選びは慎重に、少人数で執り行う葬儀について、コロナ禍による感染症対策の観点から進んで選ばれる傾向があるのは事実です。
しかしながら故人との最後の別れを、決して後悔しない形で且つ安全に配慮した、設備と演出でお葬式のプランを提案する葬儀社も存在します。あらたな生活様式に合わせた葬儀社の対応力も現代の葬儀社選びと言えるでしょう。

事前相談からお急ぎの依頼まで24時間いつでもお電話ください。
日本家族葬協会岐阜支部
⇒通話無料 0120-099-594

はじめての葬儀ガイドTOPに戻る

地元葬儀社がフルサポート
低価格でも納得のご葬儀。

お客様にとってよいお葬式とは何かを考え、安心・安全を第一にご葬儀をお手伝いいたします。
葬儀プランや斎場・葬儀場について、皆様のご要望、疑問やご不安をお聞かせください。
大切な方を最後までその方らしく見送ってあげたい、私達はその想いに寄り添います。

ご相談からお葬式後まで、
専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします

ご危篤を告げられてからお葬式後のご供養やお手続きまで、一般的なご葬儀の流れをご紹介いたします。 わからないことやご不安なことなど何でもおたずねください。専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします。

  • 1

    ご危篤・ご逝去

  • 2

    お迎え・ご安置

  • 3

    ご準備・お打合せ

  • 4

    お通夜・告別式

  • 5

    火葬・初七日

  • 6

    葬儀後サポート
    納骨

流れの詳細はこちら

葬儀ディレクターがこっそり教える

失敗しない
葬儀会社の選び方

「お葬式はどれも似たようなものだから、価格で選ぶだけ」というお客様は、実は多くいらっしゃいますが、価格以外にも見極めておきたいポイントが、いくつかあります。

料金体系は明確ですか?

お見積りを安く見せようと、内容や費用のあいまいな見積書を提示し、ご葬儀後に高額な追加費用を請求する葬儀社が問題になっています。

電話対応に力を入れていますか?

自社でスタッフを持たず、下請け業者に葬儀を依頼する会社には、いざ“その時”を「どこの葬儀社が対応するのかわからない」という不安があります。

説明会や見学会を行っていますか?

ご葬儀やご法要などのご供養は、地域の慣習や風習への配慮も必要です。お住まいの地域で説明会や見学会を定期的に行える葬儀社は、地域に根差しているので頼りになります。

お客様の評判は明示されていますか?

やり直しができないご葬儀だからこそ、実際にご葬儀をされた方の評判は重要です。「満足度〇%」などの点数だけではなく、具体的にお客様の声を明示しているかも、大事なポイントです。

葬儀ディレクターの
ワンポイントアドバイス

葬儀ディレクターS.O

葬儀ディレクター
S.O

事前の相談や見積もりに
こころよく対応してくれる葬議会社を選びましょう。


ご葬儀やサービスの内容は葬儀社によってまったく違いますので、2~4社の比較検討をおすすめします。 葬儀社のホームページや資料を見比べて「何を基準に、比べればいいか分からない」とお感じになったことを、 お電話や対面で問合せを行い、納得のいく説明をしてくれる葬儀社を選びましょう。

ページトップへ戻る