お葬式情報

葬儀で着用するマスクの色は? 〜黒マスク着用がマナー?白マスクはマナー違反?!〜

今もなお猛威を振るう新型コロナウィルス。
国内でのワクチン接種率も増加傾向にあっても、私たちができる感染症対策してマスクの着用は欠かせません。むしろ、外出時のマスク着用自体がマナーとして定着しています。


では、葬儀の場においてマスクの着用は問題ないのでしょうか?
また、着用時のマスクの色についても物議を醸しているようですので、今回は葬儀時のマスク使用に関するマナーについて解説していきましょう。



新型コロナウィルスやインフルエンザなど流行時のマスク着用マナーについて


▷ マスクの着用はOK


現状の新型コロナウィルスの感染状況と感染力を鑑みて、一般参列者も遺族親族の立場でも、葬儀時にマスクを着用してもマナー違反とはなりません。


しかし、従来は目上の方やお客様などを相手に接する際には、マスク姿は相応しくないと考える傾向が強くあったことは認識しておきましょう。



▷ むしろ感染・拡散防止として着用が適切


たとえ無症状であっても、すでに自身がコロナウィルスに感染している可能性があり感染はしていなくとも、身体に付着したウィルスを運んでいる可能性もあります。


つまりマスクの着用はウィルス拡散防止と感染のリスクを回避する為でもあります。



葬儀で着用するマスクの色は?



葬儀マナーとして、ネクタイや靴・靴下は黒色というのは周知のとおりですが、インターネット記事に投稿された「葬儀は黒マスク着用がマナー」という内容が、Yahoo!ニュース等で紹介され、SNS上で議論が過熱しました。



結論からお伝えすると、感染リスクをさけるためにマスクの着用は必須だとしても、黒色のマスクを着用する必要はありません。
とはいえ、どのようなマスクでも構わないというわけではありません。
もちろん白色のマスクの着用でも全く問題ありません。むしろ最も無難な色と言えるでしょうし、比較的どなたでも手に入れやすいものであることから、普段は使用していない方でも急なお葬式にご参列する場合であっても準備しやすいと言えるでしょう。



また色だけではなく、無地のものや、模様やロゴなどは入っていないものが適切です。



葬儀の場でもつハンカチなどは、同色のレースや刺繍入りであればマナー違反ではありませんが、マスクにおいては常に目立つものですので、避けた方が良いと言えます。



コロナ禍において、マスクのデザインや機能も多様化し多くのものが流通していますが、シンプルなものを選択すれば、さほどマナー違反ととられることもないでしょう。



事前相談からお急ぎの依頼まで24時間いつでもお電話下さい。


日本家族葬協会岐阜支部
⇒通話無料 0120-099-594

はじめての葬儀ガイドTOPに戻る

地元葬儀社がフルサポート
低価格でも納得のご葬儀。

お客様にとってよいお葬式とは何かを考え、安心・安全を第一にご葬儀をお手伝いいたします。
葬儀プランや斎場・葬儀場について、皆様のご要望、疑問やご不安をお聞かせください。
大切な方を最後までその方らしく見送ってあげたい、私達はその想いに寄り添います。

ご相談からお葬式後まで、
専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします

ご危篤を告げられてからお葬式後のご供養やお手続きまで、一般的なご葬儀の流れをご紹介いたします。 わからないことやご不安なことなど何でもおたずねください。専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします。

  • 1

    ご危篤・ご逝去

  • 2

    お迎え・ご安置

  • 3

    ご準備・お打合せ

  • 4

    お通夜・告別式

  • 5

    火葬・初七日

  • 6

    葬儀後サポート
    納骨

流れの詳細はこちら

葬儀ディレクターがこっそり教える

失敗しない
葬儀会社の選び方

「お葬式はどれも似たようなものだから、価格で選ぶだけ」というお客様は、実は多くいらっしゃいますが、価格以外にも見極めておきたいポイントが、いくつかあります。

料金体系は明確ですか?

お見積りを安く見せようと、内容や費用のあいまいな見積書を提示し、ご葬儀後に高額な追加費用を請求する葬儀社が問題になっています。

電話対応に力を入れていますか?

自社でスタッフを持たず、下請け業者に葬儀を依頼する会社には、いざ“その時”を「どこの葬儀社が対応するのかわからない」という不安があります。

説明会や見学会を行っていますか?

ご葬儀やご法要などのご供養は、地域の慣習や風習への配慮も必要です。お住まいの地域で説明会や見学会を定期的に行える葬儀社は、地域に根差しているので頼りになります。

お客様の評判は明示されていますか?

やり直しができないご葬儀だからこそ、実際にご葬儀をされた方の評判は重要です。「満足度〇%」などの点数だけではなく、具体的にお客様の声を明示しているかも、大事なポイントです。

葬儀ディレクターの
ワンポイントアドバイス

葬儀ディレクターS.O

葬儀ディレクター
S.O

事前の相談や見積もりに
こころよく対応してくれる葬議会社を選びましょう。


ご葬儀やサービスの内容は葬儀社によってまったく違いますので、2~4社の比較検討をおすすめします。 葬儀社のホームページや資料を見比べて「何を基準に、比べればいいか分からない」とお感じになったことを、 お電話や対面で問合せを行い、納得のいく説明をしてくれる葬儀社を選びましょう。

ページトップへ戻る