お葬式情報

喪中時に過ごすお正月〜年末年始で注意すべきこととは?〜

コロナ禍による影響によって日々の過ごし方自体も変化している昨今ですが、年末年始の過ごし方も多様化しているのではないでしょうか?
そういった意味では、喪中の過ごし方も以前に比べ自由度は高まっているのかもしれません。


ここでは喪中時のお正月の過ごし方について注目していきますが、実際に行事等を控えるか否かは、それぞれのご事情や状況、関わり方によって異なる事でしょうが、本来の考え方を知っておくことで、あらゆる行事やその場面ごとでの行動を決定しやすくなるでしょう。



忌中と喪中の違いとは?


忌中とは、喪中のなかに含まれる期間と言えます。
喪に服す期間を「喪中」と言い、「忌服(きぶく)」「服忌(ぶっき)」とも呼ばれ、「忌・服」という期間に分けられます。この「忌」が「忌中」にあたり、忌中は喪中の中にある一部の期間となります。


▷忌中:四十九日の法要まで
神式では五十日祭とされています


▷喪中:忌中を含む1年間



年賀状・新年の挨拶


喪中の正月には年賀状を出しません。
「喪中はがき」によって、年賀状を欠礼するお知らせを送ります。

喪中はがきには、誰の喪に服しているのかを明記し、遅くとも12月の上旬までを目安に、相手が年賀状を準備する前には届くように手配することが望ましいでしょう。



初詣は時期やお詣り先による


お寺への初詣、忌中を過ぎた喪中の初詣は差し支えありません。
初詣は、「新年初のお詣り」であり、お祝いを目的としてはいません。よって、喪中でも基本的に差し控える必要はありません。お札をいただいたり、おみくじを引いたりしても大丈夫です。
ただし、行き帰りに派手に遊びに行くといった行為は避けるべきといえるでしょう。
初詣というお詣りの本来の目的を重視し、慎ましい行動が望ましいでしょう。

忌中の場合は、神社への初詣は避けましょう。

ただし、故人が年末に亡くなって忌中である場合、神社への初詣は避けましょう。神道では死を穢れと考えるため、神様の元へ穢れを持ち込む事になるからです。



年末年始恒例の食事は?


●年越しそば

喪中であっても、年越しそばを食べても問題ありません。
年越しそばの由来には諸説あるのですが、「長寿・延命を願う」「縁が長く続く」「一年の苦労を切る」などの意味があります。いずれにしてもお祝いのお料理ではない事から、食べても問題ないという理由です。



●おせち料理

鯛や紅白のかまぼこなど、縁起の良い食材や料理が詰め込まれ、新年を祝していただくものであるため、祝い事を避ける喪中期間のおせち料理は、基本的に避けた方が良いでしょう。



お年玉はあげてもいい?


神様からの贈り物という考えのお年玉ですから、喪中には避けるべきと言えます。
しかし、子供たちにとってお年玉は本当に楽しみなものです。
例えば、「書籍代」や「玩具代」などと表書きをしてお年玉の代わりに渡してあげてはいかがでしょうか。


新年のあいさつ


新年と挨拶と言えば「あけましておめでとうございます」が定番ですよね。喪中であるならば、使用は控えるべきと言えます。
「おめでとう」という表現は避けるようにして、「本年もよろしくお願いします」「昨年はお世話になりました」など言葉を選ぶ必要があります。
これは自身が喪中であっても、相手方が喪中であっても同様です。
とはいえ、喪中とは知らずに「おめでとう」とお声をかけていただく事もあるかと思いますが、その場合は悪気があっての事では無いのであまり気にされずに振舞ってはいかがでしょうか。



お正月飾りつけは


お正月には門松やしめ縄、鏡餅などは縁起の良い飾りつけとされているため、喪中は相応しくありませんので控えるようにしましょう。
年末のクリスマスツリーやイルミネーションも同様と言えるでしょう。



喪中は、できるかぎりお祝い事を避けて慎ましい生活を送り、静かに過ごす期間とされている一方で、喪中の過ごし方も以前に比べ自由度は高まっていると言えます。
いずれにしても、年末年始は行事ごとの多い季節ですので、柔軟な対応を心がけたいですね。



日本家族葬協会でも、細かな仏事のご相談から葬儀に関わる前後のお悩み、お困りごとの解決に至るまでサポートさせて頂いております。
毎月の友引は個別相談会を実施しております。式場見学をはじめ、葬儀プランやご希望する内容に合わせた事前見積の作成なども承っております。
コロナウイルス感染症対策を徹底したうえで、1組様ずつご来館いただく事で密を避け、丁寧にご対応させて頂いております。お気軽にお問合せ下さい。



日本家族葬協会岐阜支部
⇒通話無料 0120-099-594

はじめての葬儀ガイドTOPに戻る

地元葬儀社がフルサポート
低価格でも納得のご葬儀。

お客様にとってよいお葬式とは何かを考え、安心・安全を第一にご葬儀をお手伝いいたします。
葬儀プランや斎場・葬儀場について、皆様のご要望、疑問やご不安をお聞かせください。
大切な方を最後までその方らしく見送ってあげたい、私達はその想いに寄り添います。

ご相談からお葬式後まで、
専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします

ご危篤を告げられてからお葬式後のご供養やお手続きまで、一般的なご葬儀の流れをご紹介いたします。 わからないことやご不安なことなど何でもおたずねください。専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします。

  • 1

    ご危篤・ご逝去

  • 2

    お迎え・ご安置

  • 3

    ご準備・お打合せ

  • 4

    お通夜・告別式

  • 5

    火葬・初七日

  • 6

    葬儀後サポート
    納骨

流れの詳細はこちら

葬儀ディレクターがこっそり教える

失敗しない
葬儀会社の選び方

「お葬式はどれも似たようなものだから、価格で選ぶだけ」というお客様は、実は多くいらっしゃいますが、価格以外にも見極めておきたいポイントが、いくつかあります。

料金体系は明確ですか?

お見積りを安く見せようと、内容や費用のあいまいな見積書を提示し、ご葬儀後に高額な追加費用を請求する葬儀社が問題になっています。

電話対応に力を入れていますか?

自社でスタッフを持たず、下請け業者に葬儀を依頼する会社には、いざ“その時”を「どこの葬儀社が対応するのかわからない」という不安があります。

説明会や見学会を行っていますか?

ご葬儀やご法要などのご供養は、地域の慣習や風習への配慮も必要です。お住まいの地域で説明会や見学会を定期的に行える葬儀社は、地域に根差しているので頼りになります。

お客様の評判は明示されていますか?

やり直しができないご葬儀だからこそ、実際にご葬儀をされた方の評判は重要です。「満足度〇%」などの点数だけではなく、具体的にお客様の声を明示しているかも、大事なポイントです。

葬儀ディレクターの
ワンポイントアドバイス

葬儀ディレクターS.O

葬儀ディレクター
S.O

事前の相談や見積もりに
こころよく対応してくれる葬議会社を選びましょう。


ご葬儀やサービスの内容は葬儀社によってまったく違いますので、2~4社の比較検討をおすすめします。 葬儀社のホームページや資料を見比べて「何を基準に、比べればいいか分からない」とお感じになったことを、 お電話や対面で問合せを行い、納得のいく説明をしてくれる葬儀社を選びましょう。

ページトップへ戻る