お葬式情報

喪中はがきはいつ出すべき?〜書き方や範囲、時期について知っておくべきこと〜

喪中はがきとは、喪中期間に「新年のあいさつは控えること」を伝える為のはがきです。
正式には「年賀欠礼状」と呼ばれるものですが、一般的に喪に服していることを喪中と表現するため、「喪中はがき」と呼ばれています。


つまり、「来年は年賀状を出すことを控える(出せない)」という事を相手に伝えることを目的としています。よって、届けるタイミングがあまりに遅いと、返って相手側に気を遣わせてしまったり、すでに準備していた年賀状を台無しにさせてしまう可能性もあります。
年末の時期に慌てる事の無いように、しっかり準備しておきましょう。




喪中の期間とは?


一般的に、忌明けまでの期間(仏式では四十九日や三十五日、神式では五十日)を忌中、死後の一年間を喪中としています。
喪中期間は身を慎み、おめでたい事をしないというのが基本的な考えと言われています。



喪中の範囲とは?


喪に服する近親者の範囲は、一般的に、自分を中心に一親等(父母・配偶者・子)、二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)の親族が亡くなった時です。
ただし、それ以外でも喪に服したい意向がある場合は、喪中はがきを出しても問題はありません。基本的に、喪中とするご本人のお気持ちがなによりも大切だからです。


また、最近では前述した一親等や二親等と言った考えだけではなく、「同居」をしているかどうかという判断基準の方もいます。親戚や地方のしきたりによっても異なる場合もあるため、そういった習慣などに従うこともあると思います。
なお、年賀状について喪に服す期間は、一律一年というのが通例となっているようです。



いつ出す?


喪中はがきは、相手が年賀状を準備する前、遅くとも12月初旬までには届くように用意しましょう。
特に、先方が年賀状を投函した後に喪中はがきが届くことの無いように、年賀特別郵便の取り扱いが始まる前までがマナーであると理解しておきましょう。




万が一、12月に身内に不幸があったら?


12月や年末など、喪中はがきの準備が間に合わない場合については、年始の松の内(関東・関西で松の内の終わりが異なるようです)が明けてから「寒中見舞い」で報告します。
その他にも、例えば双方が喪中で、こちらが出す前に喪中はがきをいただいた場合であっても、喪中はがきをお送りするのがマナーです。
また、仕事上のお付き合いで、故人と面識のない方や、気遣いをさせたくない場合などは喪中とはお知らせせずに、例年通り年賀状を送る場合もあります。



書き方は?


基本的に書き方は難しい内容ではありません。
以下の①~⑤の内容に沿って書く事さえできれば問題なしです。


①年賀欠礼のあいさつ文
「喪中につき新年のあいさつを遠慮申し上げます」などの定型文の記載


②主文
故人の名前・続柄・亡くなった日・年齢を記載
亡くなったとう表現は「永眠や他界」といった表現が適切です。


③末文
受取人に対する感謝の言葉と、新年に向けた挨拶の記載


④差し出した年月
はがきを出した日付を記載しますが、省いても問題ありません。


⑤差出人の住所・氏名
差出人の住所氏名を記載します。



最近では、葬儀会社が窓口となって喪中はがきの作成を行ってくれるサービスを実施しています。こういった、葬儀が終わった後のお付き合いも大切にしてくれる葬儀社が増えてくると、仏事にあまり知識がなくても安心できますよね。



もちろん日本家族葬協会でも、細かな仏事のご相談から葬儀に関わる前後のお悩み、お困りごとの解決に至るまでサポートさせて頂いております。
毎月の友引は個別相談会を実施しております。式場見学をはじめ、葬儀プランやご希望する内容に合わせた事前見積の作成なども承っております。
コロナウイルス感染症対策を徹底したうえで、1組様ずつご来館いただく事で密を避け、丁寧にご対応させて頂いております。お気軽にお問合せ下さい。




日本家族葬協会岐阜支部
⇒通話無料 0120-099-594

はじめての葬儀ガイドTOPに戻る

地元葬儀社がフルサポート
低価格でも納得のご葬儀。

お客様にとってよいお葬式とは何かを考え、安心・安全を第一にご葬儀をお手伝いいたします。
葬儀プランや斎場・葬儀場について、皆様のご要望、疑問やご不安をお聞かせください。
大切な方を最後までその方らしく見送ってあげたい、私達はその想いに寄り添います。

ご相談からお葬式後まで、
専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします

ご危篤を告げられてからお葬式後のご供養やお手続きまで、一般的なご葬儀の流れをご紹介いたします。 わからないことやご不安なことなど何でもおたずねください。専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします。

  • 1

    ご危篤・ご逝去

  • 2

    お迎え・ご安置

  • 3

    ご準備・お打合せ

  • 4

    お通夜・告別式

  • 5

    火葬・初七日

  • 6

    葬儀後サポート
    納骨

流れの詳細はこちら

葬儀ディレクターがこっそり教える

失敗しない
葬儀会社の選び方

「お葬式はどれも似たようなものだから、価格で選ぶだけ」というお客様は、実は多くいらっしゃいますが、価格以外にも見極めておきたいポイントが、いくつかあります。

料金体系は明確ですか?

お見積りを安く見せようと、内容や費用のあいまいな見積書を提示し、ご葬儀後に高額な追加費用を請求する葬儀社が問題になっています。

電話対応に力を入れていますか?

自社でスタッフを持たず、下請け業者に葬儀を依頼する会社には、いざ“その時”を「どこの葬儀社が対応するのかわからない」という不安があります。

説明会や見学会を行っていますか?

ご葬儀やご法要などのご供養は、地域の慣習や風習への配慮も必要です。お住まいの地域で説明会や見学会を定期的に行える葬儀社は、地域に根差しているので頼りになります。

お客様の評判は明示されていますか?

やり直しができないご葬儀だからこそ、実際にご葬儀をされた方の評判は重要です。「満足度〇%」などの点数だけではなく、具体的にお客様の声を明示しているかも、大事なポイントです。

葬儀ディレクターの
ワンポイントアドバイス

葬儀ディレクターS.O

葬儀ディレクター
S.O

事前の相談や見積もりに
こころよく対応してくれる葬議会社を選びましょう。


ご葬儀やサービスの内容は葬儀社によってまったく違いますので、2~4社の比較検討をおすすめします。 葬儀社のホームページや資料を見比べて「何を基準に、比べればいいか分からない」とお感じになったことを、 お電話や対面で問合せを行い、納得のいく説明をしてくれる葬儀社を選びましょう。

ページトップへ戻る