お葬式情報

岐阜市の皆様!葬祭扶助(生活保護葬)ってご存じですか? 葬儀費用の支払いが困難な方への葬祭扶助制度について

葬祭扶助とは「生活保護法 第18条」によって定められた生活保護制度のひとつです。
経済的に困窮している人に対して、自治体が葬儀費用を支給するものです。
例えば、遺族が生活保護を受けていて葬儀費用の工面が難しい場合や、生活保護受給者だった人の葬儀を遺族以外の人が手配するなどの場合に利用することができます。

このように葬祭扶助を利用した葬儀を生活保護葬・福祉葬・民生葬とも呼びます。
条件が合えば、どなたでも申請が可能であり、お通夜・告別式などの儀式は行いません。



CHECK


使用例として最も多いケースは、ご夫婦で生活保護を受給されていて、どちらかがお亡くなりになる場合です。この場合、申請者=配偶者(夫または妻)=生活保護受給者となるため、葬祭扶助の利用が可能となります。

よくあるご質問
「父(母)が生活保護を受けていますが、葬祭扶助の利用は可能ですか?」と生活保護を受給されているご両親のお葬儀について、喪主を務められるご予定のお子様方からこのような質問が多く見受けられます。
このような場合、施主となるお子様方に支払い能力があるならば、葬祭扶助の利用は認められないケースが殆どです。但し例外として、施主となるお子様の支払い能力によっては認められるケースもあります。

いずれにしても故人となる方の住民票がある市役所に連絡し、事前に(生前のうちに)
「葬祭扶助制度」が適用できるかどうかの確認を取ると良いでしょう。

事前相談からお急ぎの依頼まで24時間いつでもお電話ください。
日本家族葬協会岐阜支部
⇒通話無料 0120-099-594

はじめての葬儀ガイドTOPに戻る

地元葬儀社がフルサポート
低価格でも納得のご葬儀。

お客様にとってよいお葬式とは何かを考え、安心・安全を第一にご葬儀をお手伝いいたします。
葬儀プランや斎場・葬儀場について、皆様のご要望、疑問やご不安をお聞かせください。
大切な方を最後までその方らしく見送ってあげたい、私達はその想いに寄り添います。

ご相談からお葬式後まで、
専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします

ご危篤を告げられてからお葬式後のご供養やお手続きまで、一般的なご葬儀の流れをご紹介いたします。 わからないことやご不安なことなど何でもおたずねください。専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします。

  • 1

    ご危篤・ご逝去

  • 2

    お迎え・ご安置

  • 3

    ご準備・お打合せ

  • 4

    お通夜・告別式

  • 5

    火葬・初七日

  • 6

    葬儀後サポート
    納骨

流れの詳細はこちら

葬儀ディレクターがこっそり教える

失敗しない
葬儀会社の選び方

「お葬式はどれも似たようなものだから、価格で選ぶだけ」というお客様は、実は多くいらっしゃいますが、価格以外にも見極めておきたいポイントが、いくつかあります。

料金体系は明確ですか?

お見積りを安く見せようと、内容や費用のあいまいな見積書を提示し、ご葬儀後に高額な追加費用を請求する葬儀社が問題になっています。

電話対応に力を入れていますか?

自社でスタッフを持たず、下請け業者に葬儀を依頼する会社には、いざ“その時”を「どこの葬儀社が対応するのかわからない」という不安があります。

説明会や見学会を行っていますか?

ご葬儀やご法要などのご供養は、地域の慣習や風習への配慮も必要です。お住まいの地域で説明会や見学会を定期的に行える葬儀社は、地域に根差しているので頼りになります。

お客様の評判は明示されていますか?

やり直しができないご葬儀だからこそ、実際にご葬儀をされた方の評判は重要です。「満足度〇%」などの点数だけではなく、具体的にお客様の声を明示しているかも、大事なポイントです。

葬儀ディレクターの
ワンポイントアドバイス

葬儀ディレクターS.O

葬儀ディレクター
S.O

事前の相談や見積もりに
こころよく対応してくれる葬議会社を選びましょう。


ご葬儀やサービスの内容は葬儀社によってまったく違いますので、2~4社の比較検討をおすすめします。 葬儀社のホームページや資料を見比べて「何を基準に、比べればいいか分からない」とお感じになったことを、 お電話や対面で問合せを行い、納得のいく説明をしてくれる葬儀社を選びましょう。

ページトップへ戻る