お葬式情報

これでもう迷わない焼香マナー 〜意外と知らない焼香の種類とやり方とは〜

葬儀の際や、法事・法要時などにおこなう「焼香」。

普段ではなかなか実践する機会も少ないことから、いざその時が来ると正しい方法が分からず不安に感じた経験をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。

この記事では焼香の種類とそれぞれの正しいやり方について解説していきます。

焼香のやり方


【基本の作法】


基本的に右手の親指・人差し指・中指の3本の指で抹香(まっこう)を軽くつまみ、目の高さ程度まで持ち上げます。この動作を「おしいただく」と言います。



おしいただくとは
おし-いただ・く【押(し)頂く/押し▽戴く】
1 物を恭しく顔の全面の情報にささげ持つ。「賞状を―・く」
2 そのひとを敬って組織の長として迎える。「葬祭に―・く」(goo辞書より)

そして指に残らないように高炉の中にこするようにして抹香を落とします。これを1~3回行います。



焼香の種類


①【立礼焼香】


椅子席の式場で多く用いられる、立って行うやり方です。



① 数珠を左手で持ち、焼香台へ進みます。
② 焼香台手前で止まり、遺族・親族に一礼してから焼香台の前に進みます。
③ 宗派ごとの作法に従って抹香(まっこう)をつまみ高炉に落とします。
④ 祭壇(遺影)に向かって合掌し一礼します。
⑤ 一、二歩下がって遺族・親族に一礼して席に戻ります。



②【座礼焼香】


座礼焼香は畳敷きの式場で多く用いられる、座って行うやり方です。基本的な順序は立礼焼香と同様ですが、


・焼香台の前までは直立せず少し腰を落として移動する
・お焼香は座布団の上で正座で行う
・遺族・親族への一礼は、座布団から降りた状態で行う

という3点が立礼焼香と異なります。



③【回し焼香】


回し焼香の一番の特徴は、立礼焼香や座礼焼香とは違い、焼香台に自分から向かうのではなく、高炉を参列者で順に回して行き、受け取った焼香炉を自分の前に置き、焼香が終われば隣の人に回すというやり方です。



会場が狭い場所で多く用いられるやり方で、自宅で執り行う法要や法事の際などにも多く用いられています。


・焼香台へ行く、自分の席に戻るという動作が無い
・遺族や親族への一礼がない
・焼香炉が回ってきたら自分の前において、正座で焼香をする
・終わったら隣の人へ回す



焼香は故人を偲ぶ気持ちが重要


細かく解説するならば、おしいただく回数は宗派によって異なりますし、相手の宗派に沿って行うことが丁寧と言えますが、ご自身の信仰している宗派があるならその宗派に沿ったやり方でも問題ありません。



多くの僧侶は、回数が大切なのではなく「故人を偲ぶ気持ち」という考えを持っています。そのうえで可能な限り故人を尊重するのが適切と言えます。



お香の煙に故人への想いをのせて、正しいマナーでお祈りできるようこの記事を参考になさって下さい。



事前相談からお急ぎの依頼まで24時間いつでもお電話ください。
日本家族葬協会岐阜支部
⇒通話無料 0120-099-594

はじめての葬儀ガイドTOPに戻る

地元葬儀社がフルサポート
低価格でも納得のご葬儀。

お客様にとってよいお葬式とは何かを考え、安心・安全を第一にご葬儀をお手伝いいたします。
葬儀プランや斎場・葬儀場について、皆様のご要望、疑問やご不安をお聞かせください。
大切な方を最後までその方らしく見送ってあげたい、私達はその想いに寄り添います。

ご相談からお葬式後まで、
専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします

ご危篤を告げられてからお葬式後のご供養やお手続きまで、一般的なご葬儀の流れをご紹介いたします。 わからないことやご不安なことなど何でもおたずねください。専任の葬祭ディレクターがしっかりサポートします。

  • 1

    ご危篤・ご逝去

  • 2

    お迎え・ご安置

  • 3

    ご準備・お打合せ

  • 4

    お通夜・告別式

  • 5

    火葬・初七日

  • 6

    葬儀後サポート
    納骨

流れの詳細はこちら

葬儀ディレクターがこっそり教える

失敗しない
葬儀会社の選び方

「お葬式はどれも似たようなものだから、価格で選ぶだけ」というお客様は、実は多くいらっしゃいますが、価格以外にも見極めておきたいポイントが、いくつかあります。

料金体系は明確ですか?

お見積りを安く見せようと、内容や費用のあいまいな見積書を提示し、ご葬儀後に高額な追加費用を請求する葬儀社が問題になっています。

電話対応に力を入れていますか?

自社でスタッフを持たず、下請け業者に葬儀を依頼する会社には、いざ“その時”を「どこの葬儀社が対応するのかわからない」という不安があります。

説明会や見学会を行っていますか?

ご葬儀やご法要などのご供養は、地域の慣習や風習への配慮も必要です。お住まいの地域で説明会や見学会を定期的に行える葬儀社は、地域に根差しているので頼りになります。

お客様の評判は明示されていますか?

やり直しができないご葬儀だからこそ、実際にご葬儀をされた方の評判は重要です。「満足度〇%」などの点数だけではなく、具体的にお客様の声を明示しているかも、大事なポイントです。

葬儀ディレクターの
ワンポイントアドバイス

葬儀ディレクターS.O

葬儀ディレクター
S.O

事前の相談や見積もりに
こころよく対応してくれる葬議会社を選びましょう。


ご葬儀やサービスの内容は葬儀社によってまったく違いますので、2~4社の比較検討をおすすめします。 葬儀社のホームページや資料を見比べて「何を基準に、比べればいいか分からない」とお感じになったことを、 お電話や対面で問合せを行い、納得のいく説明をしてくれる葬儀社を選びましょう。

ページトップへ戻る